Google AdWordsでコンバージョン測定できなくなる!?突然の変更とその対処法

2016年も後半に入りGoogle AdWordsは大きく進化しはじめましたが、
9月にも大きな変更があります。

それは、Google AdWordsにある指標、
「コンバージョンに至ったクリック」が廃止される変更です。

コンバージョン測定をシンプルに:[コンバージョンに至ったクリック] のサポートを終了

Google AdWordsには、
「コンバージョンに至ったクリック」と「コンバージョン」の指標があります。

コンバージョンとコンバージョンに至ったクリック

1回の広告のクリックで、
「問い合わせ」と「資料請求」をした場合、
複数のコンバージョンが発生したことになりますが、
この場合、コンバージョンに至ったクリックは「1回」で、
コンバージョンは「2回」とカウントされます。

達成したいコンバージョンを、
「問い合わせ」「資料請求」などの「見込み客の獲得」としている方は、
「コンバージョンに至ったクリック」を成果指標としてる方も多いでしょう。

「コンバージョン」の指標では、
デバイスをまたいだコンバージョンのような、
今の時代に対応したコンバージョンを測定できます。
ただ、「コンバージョンに至ったクリック」では測定できません。
廃止の理由は、こうした今の時代背景が大きいようです。

ただ、これまで成果指標を、
「コンバージョンに至ったクリック」にされていた方は困りますよね(汗)

でも、ご安心ください。下記の手順で、
「コンバージョンをカウントする方法」を変更することで、
「コンバージョンに至ったクリックと同様の測定」が今後もできます。

コンバージョンのカウント方法を変更する手順

下記の対応が必要なのは、
コンバージョンの成果指標を「コンバージョンに至ったクリック」にしている方です。
※「コンバージョン」を成果指標にしている方は、対応する必要はありません。
コンバージョンに至ったクリックを選んでいる方

1.「運用ツール」→「コンバージョントラッキング」の順にクリックします。
運用ツール→コンバージョントラッキング

2.変更したい「コンバージョンアクションの名前」をクリックします。
コンバージョン名

3.「設定を編集」をクリックします。
設定を編集

4.「カウント」をクリックします。
カウント

5.「1回」を選択し、その後、「完了」をクリックします。
1回に変更

6.「保存」をクリックします。
保存

7.管理画面に「コンバージョン」列を表示させます。
下記は、「キャンペーン」の画面で表示させる方法です。
「広告グループ」、「広告」、「キーワード」タブでも同様の方法で設定してください。
コンバージョン列を表示

「コンバージョンに至ったクリック」が廃止されるのは9月の予定です。
設定は簡単なので、上記を参考にご対応ください!


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ