ついにタブレットでも!デバイス別の入札単価調整を使いこなすヒント

Googleアドワーズの「デバイス別の入札単価調整」機能。
これまで設定できるのは「モバイル端末(≒スマートフォン)」のみでしたが、機能が進化し、「タブレット」と「パソコン」に対しても設定できるようになりました。

デバイス別の入札単価調整

今後は、待望だった「タブレット」に対して入札単価の調整比を設定できます。

デバイス別入札単価調整の概要

  • 設定できる単位は、「キャンペーン」または「広告グループ」です。
  • キャンペーンと広告グループの両方に調整比を設定した場合は、「広告グループの設定」に基づいて、そのデバイスの入札単価が決定されます。
  • 調整比は、-90%~+900%の間で入力できます。
  • 特定のデバイスで広告を表示させないようにするには、そのデバイスの調整比を-100%(引き下げ率:100%)に設定します。
  • キャンペーンのタイプは「すべて」対応しています。ですので、検索キーワード広告だけでなく、ディスプレイ広告や動画、ショッピング広告に対しても、各デバイスの調整比を設定できます。

機能を使いこなすヒント

デバイス別のデータを確認した上で最適な調整比を設定

設定する調整比は、広告を出した実績にもとづいて決めるのが望ましいです。
ですので、まずは、デバイス別のデータを確認しましょう。

デバイス別の実績を表示

調整比を300%以上に設定してコンバージョン数の増加を狙う

以前の仕様では、調整比の引き上げは300%まででした。
モバイル端末以外のデバイスも調整できる今回の仕様では900%まで設定できます。

特に、コンバージョンする見込みの高いキャンペーン or 広告グループは、「(平均掲載順位を参考にし)表示回数を伸ばせる余地がありそう」であれば、調整比を300%以上にすることを検討しましょう。

デバイス別の専用キャンペーン or 広告グループを作成

デバイス別の調整比に、-100%(引き下げ率:100%)を設定すると、そのデバイスでは広告が表示されません。

この設定を活用することで、デバイス専用キャンペーンを作成できるのです。

例えば、パソコンとタブレットの引き下げ率を100%にすると、スマートフォン専用キャンペーンにできます。

モバイル端末とタブレットの引き下げ率を100%にすれば、パソコン専用のキャンペーンにできるのです。パソコンだけに広告を出したい方は、この設定にするとよいでしょう。

特定のデバイス専用のキャンペーン

ところで調整比って、いくらで設定するといいの?

調整比には、基準の入札単価(上限クリック単価)に対しての「割合」を入力します。

例えば、基準の入札単価が100円の広告グループがあり、タブレットの入札単価を150円にしたい場合は、調整比に「引き上げ率:50%」と設定します。
※計算式=100円+(100円×50%)=150円

基準の入札単価が100円で、タブレットの入札単価を30円にしたい場合は、調整比に「引き下げ率:70%」と設定するわけです。

では、基準の入札単価が135円で、タブレットの入札単価を62円にしたい場合は?
こういう場合は、「引き下げ率の割合を、いくらで入力するといいのか?」、悩んじゃいますよね(汗)

ということで簡単ですが、「設定する調整比を求めるツール」を作ったので、よろしければご利用ください!
→デバイス別の調整比計算ツール


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ